そふぃーのつぶやき 2+++ときどき写真日記です+++


| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
絵本を借りてみる 23:31
JUGEMテーマ:本の紹介

霙まじりの冷たい雨 の一日でした。
午後、久しぶりに図書館へ。駐車場はほぼ満車!!

クリスマス関連の本のコーナーがあり、「ババールとサンタクロース」を借りました。



”ぞうの国にもサンタさんにきてほしい! 
そこでババールは、こどもたちのために、サンタクロースをさがす旅にでた。
図書館でしらべたり、えらい先生にたずねたりしますが、だれもわからない。
ババールがこまっていると、小犬が話しかけてきて…。
ババールとサンタさんのすてきな物語。


ハラハラしたり、ドキドキしたり・・・・・・
たまには童心に帰って絵本を読むのもいいですね☆

子供の小さいときに「ぞうのババール」を読んでいました。
今でも、2階の本棚にあるかもしれません。

| 読む | comments(2) | - | posted by そふぃー -
おみくじとか、案内板とか 23:47
JUGEMテーマ:地元の祭り

 
今日20日と、あす21日は、「謙信公祭」です。

9時半頃、春日山神社に行ってきました。


お参りをし、おみくじを引くと、中吉。

待人:来たらず。音信なし。 (息子のことか・・・><)

失物:家の内にあり。 (いつも、ケータイや鍵を探しているのは、ワタシです!)




「手水のつかいかた」の案内板の可愛いこと!!!


春日山神社とは、雰囲気が全然違うんですけど^^

| 読む | comments(4) | - | posted by そふぃー -
「自分を賭けなきゃ」 14:11
JUGEMテーマ:オススメの本


cafe'たびのそら屋さんの一角に、ジローさんの『一箱古本市』があり
そこで選んだ1冊です。

文庫本には、ジローさんお手製のブックカバーがかけられていて。



岡本敏子 著
自分を賭けなきゃ。

帯には
『岡本太郎の芸術とともに生きた、
“もうひとりの太郎”岡本敏子のいのちの言葉。
太郎のように、いま、創るため、生きるためのメッセージ』と。



「弱くっていい。
そういう自分のまま、貫きとおすんだ、と覚悟を決めればいいのだ。」
 


くじけそうになるとき、勇気付けてくれるメッセージの数々。

じっくり、かみ締めて読みましょう☆

ジローさん、ありがとう!!!

| 読む | comments(4) | - | posted by そふぃー -
役立ったり、うっとりしたり・・・・ 22:08

『暮らしの手帖』53号が発売になったので、
取り置きしていただいている、春陽館書店さんへ買いに行きました。



トップページの「ひと工夫 カレーライス」は、
どれを作ってみようか・・・・と、ワクワク考え中!!
写真もとっても素敵☆

「続・はじめての刺しゅう」 は、見ているだけでうっとり〜〜
昔、家庭科で習った、アウトラインステッチ、フレンチナッツステッチなら、
不器用な私でもできるかしら〜〜と、ちょっと思ったりして。

娘は、「冷凍・解凍のコツ」がとても参考になったと、申しております!

| 読む | comments(8) | - | posted by そふぃー -
嬉しい頂き物 21:58
JUGEMテーマ:今日のこと


パン屋の仕事の、お昼休憩で家に帰ると、娘が

「いつもかわいらしい物をくれる人から、なにか届いているよ!」というので、
ワクワクしながら見てみると・・・・

ジローさん(女性!)からの、メール便です。


素敵なブルーの封筒は、鳩居堂のもの。
カバーをかけた文庫本と、メッセージカードが入っています。
隅々までこだわりが感じられて、うふふ。

オリジナルのブックカバーなのですよ!



『〜〜〜〜心が静かに穏やかになるようなエッセイなので、
よろしければ、もらってください。〜〜〜』

ありがとうございます!!!

今、まさに、心を静めたい心境なのですよ☆
私のことを、お見通しですね!


さっそく、今晩から、読ませていただきます。

【谷川俊太郎 著 ひとり暮らし】

| 読む | comments(4) | - | posted by そふぃー -
「羅針盤の針は夢に向け」 21:32
JUGEMテーマ:本の紹介

 

4月19日の朝日新聞に『踏ん張る地元紙』というタイトルで、
岩手県大船渡市の地元紙 東海新報 の記事が出ていました。

大震災に襲われた次の日から、号外を製作し、手分けして避難所に運んだそうです。

「被災の現場に暮らしながら発信し続ける。それが最大の武器になるはず。」と信じ、
社員一丸となって、頑張っているとのこと。
胸が熱くなります!!!


東海新報社の記者・木下繁喜さんが書いた本、
「羅針盤の針は夢に向け モスバーガーを創った男の物語」
は、大震災の翌日が発売日でした。

ぜひ読んでみたいと思い、Amazonで調べたら、入荷未定。

検索して、こちらのサイトに行き着き、早速注文のメールを出しました。

すぐに送って下さり、今日着きました!!!!

これから読もうと思います。感想はいずれまた。

| 読む | comments(0) | - | posted by そふぃー -
暮らしの手帖 23:09
JUGEMテーマ:本の紹介


「暮らしの手帖」を、ず〜っと取っています。

子供の頃から、実家には「暮らしの手帖」と「婦人の友」がありました。

結婚して、最初に買った料理本も、暮らしの手帖社のものでした。


51号の1ページ目の、チューリップの写真は、編集長の松浦弥太郎氏のもの。
うっとり眺めました☆


ていねいに、美味しい味噌汁を作ろうと思います。

 
| 読む | comments(4) | - | posted by そふぃー -
超多忙流創造術☆堤幸彦 16:01
JUGEMテーマ:本の紹介



NHKテレビ「仕事学のすすめ」の3月に、

映画監督の堤幸彦氏が登場!

ということで、テキストを買ってきました。

約80ページにわたって、堤監督の談話が掲載されています。

放送は、NHK教育テレビで 3月3、10,17、24日(木) 午後10:25〜10:50 の4回です。


堤監督には、二度お目にかかったことがあるのです。

「堤幸彦劇団」の公演のとき

息子が出演させていただいたので、家族3人で1月2日に観劇に行きました。

中目黒の商店街の真ん中にある、ウッディーシアター中目黒という小劇場の前に、
堤監督が立っておられ、気さくに客入れをされていました。

ずうずうしくもお願いしたら、一緒に記念写真に納まって下さり、大感激でした☆
  

もう一度は、映画「明日の記憶」の初日・舞台挨拶のとき。

主演の渡辺謙さんと、有楽町の劇場で、観客一人ひとりにカーネーションを1輪、
手渡してくださいました。その日はちょうど、母の日だったのです!

スタッフ・キャストから、全幅の信頼を寄せられている、堤監督の秘密が、
このテキストに書かれています。

堤監督が撮り続けている空の写真も、超カッコイイです!!!!


| 読む | comments(2) | - | posted by そふぃー -
こばと通信 第4号 22:10
JUGEMテーマ:今日のこと


「こばと通信 が出来たので・・・・」と、ジローさんが、遠路はるばる届けてくださいました。
ありがとうございます!


今回の『あの人に聞きたい』は、漆作家の飯塚直人さん
なので、飯塚さんの作品と一緒に、記念撮影☆

夜10時近くなので、光が足りなくて、うまく撮れませんでした・・・・

右手に懐中電灯(郵便局でいただいた、LEDライト?)、左手にケータイ。
どうしても、影が写ってしまう(泣)


こばと通信のコンセプトは、『それは、100人くらいに伝えたいコト。』

届け手と受け取り手の、ぬくもりの伝わる距離感とでもいいましょうか・・・・・

いつも、丁寧な作り方に、感嘆しています。

7人の『好きなもの、気になるもの』に、私の乱筆乱文を載せていただき、
甚だお目汚し・・・・恐縮です。




20日朝、チェンバロの上で撮影!


詳しくは『こばと通信@ウェブ』でご覧ください!(2月22日 追記)

| 読む | comments(2) | - | posted by そふぃー -
おもしろいっ!!はやいっ!! 23:00
JUGEMテーマ:地域/ローカル


上越タウンジャーナル  というブログが、おもしろいです!!

地元のニュースをいち早く発信してくれます。

(レルヒさん☆ 今年の3月、佐渡汽船ターミナルにて)


昨日の記事には笑っちゃいました☆

レルヒさんは車に乗れる?スキー100年へ街宣

ゆるキャラのレルヒさんは、2頭身くらい、しかも身長が2メートルくらいなので、
どうやって車に乗るんだろう?という、みんなの疑問に答えてくれています!


「日本ブログメディア新人賞」の最終ノミネートブログとして、
上越タウンジャーナルがその1つに選ばれたそうです。

おめでとうございます!!!

| 読む | comments(6) | - | posted by そふぃー -
<< | 2/4 | >>