そふぃーのつぶやき 2+++ときどき写真日記です+++


| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
「けしごむはんこと布」 13:57
JUGEMテーマ:展覧会


マイヤさんの「けしごむはんこと布」の個展を観に、直江津のペチカさんへ伺いました。


今回は、血を吐く思いでがんばったという刺繍の作品もあり、
気の遠くなるような細かい手仕事にびっくり&ため息。

コツコツコツコツ・・・・・・・・ますますマイヤさんのファンになりました。



ペチカさんのお店は、開店のときから気になっていたのですが、なかなか伺えず、
今回初めて伺えて、センスの光るセレクトに、軽くノックアウト!!!!

我が家にあれば、ただの古ぼけたバッグが、
ペチカさんにディスプレイされていれば、お洒落なアンティーク☆

ちょうど祇園祭に合わせた個展で、御神輿が通っていきました。
写真を撮れずに残念(>_<)

 
| 観る | comments(2) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
あみぐるみ写真展  23:59
 JUGEMテーマ:展覧会

高田郵便局で 6/3~6/29まで開催中の
ミヤモトチエさんの『ちゅら島のあみぐるみ写真展』 
観に行ってきました。

チエさんの手から生まれた、あみぐるみたち。

美しい沖縄の自然の中で、生き生きと写っていて
今にも語り出しそうです。

仕事の疲れが癒されました!!!
| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
高橋てつお くらしの器展 22:30
JUGEMテーマ:展覧会

アートサロン遊心堂 で開かれている、高橋てつお くらしの器展 を観に行ってきました。

人懐こい笑顔で、高橋さんが迎えてくださいました。

お人柄そのままの、シンプルで、力強く、清々しい器の数々。
活けられたお花が、とてもよくマッチしていました。


| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
ミッドナイト・イン・パリ 21:12
JUGEMテーマ:映画館で観た映画


 
 上越映画鑑賞会の例会で、「ミッドナイト・イン・パリ」があると、ポスターで見て、行くことに。
 
上映時間を12時からだと間違えていて、前半を見逃すという、大失敗(;_;) 


  ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。
ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公にした処女小説に挑戦中。
パリへの移住を夢見ていたが、お嬢様育ちで現実主義者のイネズは、安定したリッチな生活を譲らない。
そんな2人の前に、イネズの男友達ポール(マイケル・シーン)が登場。イネズと水入らずでパリを満喫しようとしていたギルにとって、彼は邪魔者でしかなかった。
そうして迎えた第1夜。ワインの試飲会に参加した後、1人で真夜中のパリを歩いていたギルは、道に迷ってモンターニュ・サント・ジュヌヴィエーヴ通りに迷い込む。
物思いに耽っていると時計台が午前0時の鐘を鳴らし、旧式の黄色いプジョーがやってくる。
その車に乗り込んだギルは、古めかしい社交クラブで開かれているパーティに参加。
そこで出会ったのはスコット・フィッツジェラルド夫妻に、ピアノを弾くコール・ポーター、パーティの主催者ジャン・コクトー。
ギルは1920年代のパリに迷い込んだのだ。
翌晩、ギルはヘミングウェイに連れられてガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)のサロンを訪問。そこでガートルードと絵画論を戦わせていたパブロ・ピカソの愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)と出会い、互いに好意を抱く。
さらに次の夜。真夜中のパリをアドリアナと2人で散歩し、夢のようなひと時に浸る。
ところが思いがけないことで婚約者イネズの存在を知られ、アドリアナは去ってゆく。
毎晩1920年代のパリに繰り出すギルは、どんどんアドリアナに惹かれてゆく。
そして5度目のトリップを終えたとき、ギルは人生を左右する大きな決断を下すことになる。
果たして気まぐれなパリの街は、彼に微笑んでくれるのだろうか……。 


1911年に建てられた高田世界館で、1920年代を舞台にした「ミッドナイト・イン・パリ」を観る・・・・・ なんと、ノスタルジックなシチュエーション!!! 

 パリが素敵でした!!行ってみたいです。


| 観る | comments(2) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
今年初映画は・・・・ 20:58
JUGEMテーマ:映画館で観た映画



映画『レ・ミゼラブル』を観に行ってきました。

元旦に、息子が観に行って、感激して帰ってきたので、観たかったのです。

スケールが大きくて、重厚で、ぜひ映画館の大スクリーンで観てほしい映画です。

歌の力に圧倒されました。

辛くても頑張ろうという、勇気をもらいました!

| 観る | comments(2) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
「ゴーイング・マイ・ホーム」始まった!! 23:41
JUGEMテーマ:最新ドラマ!!!


今日から始まったTVドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」 

阿部寛さんの部下役で、山崎和如が出演しているのです☆

オフィスのシーンに登場しています。
(衣装は自前のようです・・・)

是枝裕和監督の作品は「誰も知らない」「花よりもなほ」「歩いても歩いても」「奇跡」
を観て、感激しました。

阿部寛さんのファンでもあります☆

毎週必ず観ます!!!!

期待度No.1のドラマだそうです。


| 観る | comments(4) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
夕日パン、スミレ屋、古きよき高田展など 23:28
JUGEMテーマ:今日のこと


城下町高田花ロードにあわせて、町家の甘味処 あわゆき亭 が開催されました。

《日本海の夕日をイメージしたパンを》という、ご依頼を受け、
パンの店ソフィーのスタッフと一緒に試作を重ね、作りましたよ、夕日パン!!!


イラストレーターのひぐちキミヨさんが、販売用のポップと、シールを作ってくれました。
シール20枚は、昨夜、一枚ずつ手書きしたそうです☆
気合が入ってますねぇ〜

生地にトマトパウダーを練り込み、トマトペーストとカマンベールチーズを包んだ、
ほんのりトマト色の 
夕日ぱん 
が誕生しました☆

私はトマトペーストを作りました。


とても好評だったとのコト。良かった良かった。

4時過ぎにやっと時間が作れたので、スミレ屋さんと、高田小町だけ行きました。


マイヤさんの消しゴムはんこと、マスキングテープを頂きました。
ペタペタはんこを押したい!!!

高田小町の「ギャラリー蔵」で開催されている、ひぐちキミヨさんの「古きよき高田展」と、
Snowflakeさんの素敵なビーズの個展をちらっと拝見し、


Cafe SesameSaltでジュースを。

花ロードの作品を見物する気力・体力がないので、今日はあきらめ、
明日、時間があれば観て回りたいと思っています。
 
| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
「花ロード」が始まりました! 23:58
JUGEMテーマ:秋の気配

 
色々なイベントの中で、一番好きな「花ロード」が、今日から始まりました。

休憩時間にぐるっと回ろうかと思いましたが、忙しくてそれもかなわず・・・・

あしたの午前中に、ちょこっと時間が取れるでしょうか。





写真は去年のものです。

今年はどんなアートが観れるか、楽しみです☆

| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
映画「奇跡」 22:03
JUGEMテーマ:映画館で観た映画


上越映画鑑賞会の例会の映画「奇跡」を、高田世界館で観てきました。


是枝裕和監督・脚本・演出の映画で、観たいと思って作品です。

両親の離婚により、離れ離れに暮らす兄弟を、
「まえだまえだ」の本当の兄弟が演じます。

暖かくて、ジーンとして、とても丁寧に作られた映画で、感動しました。

是枝監督の作品は、「誰も知らない」「花よりもなほ」「歩いても歩いても」
「空気人形」を観ていて、どれも本当に素晴らしい!!!

10月から、是枝監督のドラマ「ゴーイング マイ ホーム」が始まるとのこと。
とても楽しみです☆
 
| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
映画「シグナル」を観に行く 21:11
JUGEMテーマ:映画館で観た映画

 

高田世界館を舞台にして撮影された、映画「シグナル」を観に行ってきました。

昨日は、主演女優の三根 梓さん、谷口正晃監督、スタッフさんたちの
舞台挨拶とトークショーがあり、行きたかったのですが、仕事で行けず、残念でした。


映画の中では『銀映館』になっている、『高田世界館』でこの映画を観ることができるのは、
本当に不思議な、嬉しい経験でした。

100年の歴史を刻む高田世界館が、影の主役でもあるのです!!


また、ここを舞台にした映画を作っていただきたい!

息子も、お正月に帰省したとき、高田世界館のことをすごく気に入って、
なにか橋渡し役ができれば・・・と言っていました。


上越タウンジャーナルさんの、映画「シグナル」関連の記事

| 観る | comments(0) | trackbacks(0) | posted by そふぃー -
| 1/15 | >>